大阪府吹田市千里山
アロマセラピートリートメントの自宅サロンkoti(こち)です。
どうぞよろしくお願いします。
<< ovenさん 4月 | main | 娘とふたりで >>
4冊


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→



「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信
バベルの会という読書サークルで各話が薄く繋がっ
た短編集。上流階級の狭い世界に漂う異常性が美し
くて気味悪かった。


「あの子は貴族」山内マリコ
東京生まれのお嬢様と、地方出身の女性が1人の男
性を通して出会う。それぞれの立場での生きにくさ。
どちらが幸せなのかは比較しようもない。こういう
ストーリーにありがちな妬みの感情はあまり感じら
れず、気持ち良く読めた。







「ちょっと今から仕事やめてくる」 北川恵海
ブラック企業に勤める主人公。中にいるとそのおか
しさには気付きにくいもの。自分の人生は誰のもの
なのか。気付いてからの主人公の行動が痛快でした。
ヤマモトって一体何者なのかという謎も面白かった。
親が子を思う気持ちに泣いた。







「ホライズン」小島慶子
南の国で繰り広げられる日本人ママ友コミュニティ。
元々狭いコミュニティが、海外に出るとさらに狭く
なり。開放感のある景色とのギャップが哀しかった。









COMMENT