大阪府吹田市千里山
アロマセラピートリートメントの自宅サロンkoti(こち)です。
どうぞよろしくお願いします。
新生活におすすめのエッセンシャルオイル


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→




新年度が始まって半月ほどが過ぎました。
職場や学校など、新しい環境で覚えることも多く、
人間関係も手探りの段階で…という方も多いのでは
ないでしょうか。

そんなふわふわした状態におすすめのエッセンシャ
ルオイルが

パチュリ

墨汁のような深い香りが気持ちを鎮静させてくれ、
地に足をつける「グラウディング」を促してくれま
す。心が変化に追いついていけない…そんな時にお
すすめですよ。

パチュリひとつだけで使うのも良いですが、パチュ
リは好みの分かれる香りでもあり、ブレンドするこ
とで、他の香りを上品に引き立ててくる香りでもあります。

明るく前向きな気持ちになりたければ、オレンジや
グレープフルーツとのブレンド、
周りに振り回されない自分でいたい時は、フラン
キンセンスとのブレンドをおすすめします。

使い方としては、コットンやティッシュに数滴落と
して、バッグや洋服のポケットに入れておくと良い
ですね(パチュリや柑橘系のエッセンシャルオイル
は色移りにお気をつけ下さい)。







お花に合わせて


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→




八重咲きチューリップ「アンジェリケ」に合わせて
この日の香りは、ゼラニウムとベンゾイン。

甘く可憐な香りが心を穏やかに包んでくれます。
何か良いことが起きそうな、そんな気分になりまし
た。





日々、お客様にアロマトリートメントをさせていた
だいている私も、セルフメンテナンスで月に1回程、
全身をトリートメントしてもらっています。

メンテナンスの方法は、合う合わないや好みの問題
もありますが、私はオイルトリートメントが好きで
す。

セラピストの手のひら全体を密着させて、オイル
で滑らせるオイルトリートメントは、リンパや血管、
筋肉を大きな面で捉えることで、滞りを解消するの
に優れています。
そしてセラピストの手が直接触れることで包み込ま
れるような安心感をもたらしてくれます。
この安心感が他の手技と違う、大きなポイント。心
身共に緩めてくれ、施術をより効果的なものにして
くれるんです。
これに状態に合わせた精油を使うから効果はさらに
UP。

もっというと、丁寧なトリートメントによって余分
な角質が除かれ、上質なオイルが肌をしっとりさせ
てくれるという利点もあります。
もう女性にとっては嬉しいことばかりですね。

負担が少なく、日頃頑張っている心と身体を緩めて
くれるアロマオイルトリートメント。
新年度からの習慣にしませんか?

ただ今5月のご予約受付中です。








2018年5月の受付を始めました


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→



2018年5月の受付を始めました。

フェイシャル・ボディトリートメントご希望のお客
様は、「カレンダー」をご確認の上、「ご予約・お
問い合わせフォーム」
からご予約くださいませ。




○4月の受付は終了いたしました。ご予約ありがと
うございまました。








娘とふたりで


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→





東京へ遊びに行ってきました。






カフェ巡り


buik さん















フィルトピエール さん








絶大な信頼を寄せる方から教えていただいた2店。
メニューも器もインテリアも興味深々。






友人家族と待ち合わせて原宿でランチ。














3年ぶりに会う友達家族。
子供たちはそれぞれ成長していて、
でも久しぶりな感じは全然しなくて。
それがとても嬉しかった。












ニールズヤード表参道店


セミナー等でお世話になっている先生のトリートメ
ントを受けました。
フェイシャル&ボディ。
すごく勉強になりました!







他にもお互いの希望で色々と。
実はこの旅行、私たちにとっては結構な冒険だった
んです。
新幹線に乗って、電車を乗り継ぐなんて…笑。
でも、行きたかったところに行くことができ、会い
たかった人に会うことができたことで、ちょっとだけ、自信がつきました。

すごく楽しかった。
これからふたり旅、ちょくちょく行きたいです。


明日から新学期が始まります。
子ども達もお母さん方も、適度な緊張感を持って、
ちょっとだけ、頑張りましょう〜!





4冊


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→



「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信
バベルの会という読書サークルで各話が薄く繋がっ
た短編集。上流階級の狭い世界に漂う異常性が美し
くて気味悪かった。


「あの子は貴族」山内マリコ
東京生まれのお嬢様と、地方出身の女性が1人の男
性を通して出会う。それぞれの立場での生きにくさ。
どちらが幸せなのかは比較しようもない。こういう
ストーリーにありがちな妬みの感情はあまり感じら
れず、気持ち良く読めた。







「ちょっと今から仕事やめてくる」 北川恵海
ブラック企業に勤める主人公。中にいるとそのおか
しさには気付きにくいもの。自分の人生は誰のもの
なのか。気付いてからの主人公の行動が痛快でした。
ヤマモトって一体何者なのかという謎も面白かった。
親が子を思う気持ちに泣いた。







「ホライズン」小島慶子
南の国で繰り広げられる日本人ママ友コミュニティ。
元々狭いコミュニティが、海外に出るとさらに狭く
なり。開放感のある景色とのギャップが哀しかった。









ovenさん 4月


アロマセラピーサロンkotiのHPはこちら→














○パン オ ノア ドゥ カジュー
○マスカルポーネのムース ヴェリーヌ仕立て

カマンベール ノルマンディーというチーズの紹介と、
かほくイタリア野菜を使ったサラダ、蕪のポタージ
ュの作り方も教えていただきました。